ユーザ ログイン
ユーザ名 または メールアドレス:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

カテゴリ選択

コラム・ブログ : ホームページの構築のレベル 予算とニーズ次第 サイト構築事業者
投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-02 (957 ヒット)

お客様(クライアント)のニーズ・要望がポイント

そのホームページで何をしたいか
目的を明確に

その後のメンテナンス、更新、管理は誰がするか
サステナブルの課題

お店のサイトを構築したとしても、トータルで営業戦略を考えなければいけない。

XOOPSは素晴らしいCMSの一つではあるけれども、運用する側の目的がはっきりしなければ、ただの箱。

クライアントが必要性を感じないのに、ホームページを作るのは、大きなおせっかい。徒労。

気づきの大切さ。
ステークホルダーによっては、かなり時間がかかる。

まずは、無料で提供されているブログを使って、情報発信の必要性を実感。
ファシリテーション。

A.microsoft office liveのbasicサービス(無料)でサイトを構築
500Mのホームページ作成機能つき、独自ドメインまでついて無料。一番コストのかからない方法。

microsoft office live
http://office.microsoft.com/ja-jp/officelive/default.aspx

B.サブドメインを使って、ASPのブログを利用
基本的にはサブドメインなので、自社のものにはならない。
ASPには無料と有料がある。

C.独自ドメインを取得して、独自ドメイン持込可能なASPブログCMSを使う
コストはドメイン費用
ASP利用 無料は広告付き
ASP利用 有料は広告なし(月額200円〜5000円)
google 無料

D.独自ドメインを取得して、レンタルサーバを借りて運用する。
独自ドメインによるメールの発行可能

E.独自ドメインを取得して、専用サーバを借りて運用する。
サーバ管理者が必要

まず制作事業者がお客様(クライアント)に聞くこと。
・ホームページで何をしたいか(目標設定)
・ホームページ予算(費用、資金、お金)がどのくらいあるのか。(お金は大事なポイント)
・それに対する効果はどのくらいを考えているか。(満足度評価)
・本気度(これが一番重要)

相手のニーズ、レベル、予算に応じて、可能なメニューを提示するのが制作事業者側の親身なやり方。

例えば、パッケージで20万円、50万円といっても、どの程度のもの、どのくらい効果があるものなのか、わからない。

制作事業者は、サイト構築事例の紹介には、ぜひ、このサイトの場合は、構築期間、打ち合わせ回数、費用、作業内容、効果といったことを明記してもらえれば、お客様側にとって目安になる。

案外、制作事業者自体が、情報公開度、情報発信度が少ない。


XOOPS対応レンタルサーバ

商用利用可


ロリポップ!
月額300円 容量300MB


チカッパ!
月額525円 容量1GB


ステップサーバー
月額250円 容量500MB


さくらインターネット
月額500円 容量1GB


エックスサーバー
月額1050円 容量1.5GB


ファーストサーバ
月額2940円 容量20GB
XOOPS本家日本サポート

テーマ学園
モジュール辞典

カップズープス
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ・XOOPSのサイト事例 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

google 検索

Google