ユーザ ログイン
ユーザ名 または メールアドレス:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

カテゴリ選択

投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-02 (967 ヒット)

大量にあるテーマの中のロゴを変えたい。

そんなときは、
ファイル置き換え
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se438552.html
FileSubstitution

置き換えする新しいロゴlogo.gifを用意しておいて、複数テーマのあるフォルダを指定。

自動検索したあと、置換ボタンを押せば、一気に置換されます。

これは便利。


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-02 (1069 ヒット)

Repl-Ace
ファイルを開かなくても、文字列の「置換」を行うことができるソフト。
複数のファイルに対し、複数の置換条件を設定することができます。

モジュールやコアプログラムの中の「ユーザ」「ユーザー」という文字を「会員」に変えたい。

そんなときに、このソフトは便利です。
Repl-Ace
http://www.sirmiles.com/software/repl_ace.htm
ダウンロード
http://www.sirmiles.com/software/repl_ace/repl_ace_v4_2_2.lzh


参考
複数のファイルの「置換」を一気に行う!「Repl-Ace」。
http://www.gigafree.net/tool/grep/replace.html


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-02 (1046 ヒット)

お客様(クライアント)のニーズ・要望がポイント

そのホームページで何をしたいか
目的を明確に

その後のメンテナンス、更新、管理は誰がするか
サステナブルの課題

お店のサイトを構築したとしても、トータルで営業戦略を考えなければいけない。

XOOPSは素晴らしいCMSの一つではあるけれども、運用する側の目的がはっきりしなければ、ただの箱。

クライアントが必要性を感じないのに、ホームページを作るのは、大きなおせっかい。徒労。

気づきの大切さ。
ステークホルダーによっては、かなり時間がかかる。

まずは、無料で提供されているブログを使って、情報発信の必要性を実感。
ファシリテーション。

A.microsoft office liveのbasicサービス(無料)でサイトを構築
500Mのホームページ作成機能つき、独自ドメインまでついて無料。一番コストのかからない方法。

microsoft office live
http://office.microsoft.com/ja-jp/officelive/default.aspx

B.サブドメインを使って、ASPのブログを利用
基本的にはサブドメインなので、自社のものにはならない。
ASPには無料と有料がある。

C.独自ドメインを取得して、独自ドメイン持込可能なASPブログCMSを使う
コストはドメイン費用
ASP利用 無料は広告付き
ASP利用 有料は広告なし(月額200円〜5000円)
google 無料

D.独自ドメインを取得して、レンタルサーバを借りて運用する。
独自ドメインによるメールの発行可能

E.独自ドメインを取得して、専用サーバを借りて運用する。
サーバ管理者が必要

まず制作事業者がお客様(クライアント)に聞くこと。
・ホームページで何をしたいか(目標設定)
・ホームページ予算(費用、資金、お金)がどのくらいあるのか。(お金は大事なポイント)
・それに対する効果はどのくらいを考えているか。(満足度評価)
・本気度(これが一番重要)

相手のニーズ、レベル、予算に応じて、可能なメニューを提示するのが制作事業者側の親身なやり方。

例えば、パッケージで20万円、50万円といっても、どの程度のもの、どのくらい効果があるものなのか、わからない。

制作事業者は、サイト構築事例の紹介には、ぜひ、このサイトの場合は、構築期間、打ち合わせ回数、費用、作業内容、効果といったことを明記してもらえれば、お客様側にとって目安になる。

案外、制作事業者自体が、情報公開度、情報発信度が少ない。


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-02 (1032 ヒット)

個人的には、co.jpドメインについては、あまり取得を勧めていません。

企業、法人向けのco.jpドメイン

登記簿謄本がないと取得できないため、信頼度が高いドメインです。
co.jpドメインは、取得費用は年間維持費用のみ8000円から12000円程度。

もし、co.jpドメインを取得される場合は、今では、jpドメインが誰でも取得できるようになったため、防衛策として、jpドメインも一緒に取得しておくとよいです。
jpドメインは3000円から4000円程度。

また、co.jpドメインは、入力ミスが起きやすいドメインの一つでもあります。

例えば
google.co.jp
というドメインを打つつもりが、coとjpの間のドット.を打ち忘れてしまい、違うサイトに行ってしまう可能性があります。
googleco.jp
という風に。

特にメールで重要な情報をやりとりする弁護士業界などは、hogehoge.co.jpドメインを取得したら、co付のjpドメインも一緒に取得しておくとよいでしょう。
hogehogeco.jp

たかが、年間4000円程度で間違いメール対策や情報セキュリティの向上につながります。

基本は、co.jpドメインを最初から取得せずに、com,net,orgドメイン もしくはjpドメインのみ取得しておくのが得策です。

co.jpドメインの価値は、下がる一方のようです。


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-02 (1016 ヒット)

ホームページを作成して売り上げを伸ばしたいというサービス事業者さんからの相談。

専門家ではないけれど、自分用気づきメモ。

今のHP作成事業者は、単にホームページを作るだけでは終わらない。
製作者が、現場に入る。
1に現場、2に現場。商品、サービス、現場の声
モノを見る。手に触る。体験する。

1.わかりやすいサービス名(商品名)
お金をもっているじいちゃんばあちゃんでも理解できるサービス名の設定。
図式:孫がネットで調べて、じいちゃんばあちゃんが支払う。ダブルポケット。
年配の人たちはネットでは調べない。
孫は携帯で調べる。親は会社のパソコンで調べる。
ブランディング
声を聞く インタビュー

2.サービス名に関連したドメイン
インターネットは欠かせない
コストパフォーマンス
SEO対策の基本中の基本
空きドメイン、廃止ドメイン検索
対象が日本人ならjpとcom
中国人も含まれるならcn
複数ドメイン
大手では出来ないニッチなゲリラ地上戦

3.サイトの立ち上げ
CMSにこだわることはない。
ドメインを取得したら、とにかく早く立ち上げる。
テキストと写真2枚程度でOK。
検索エンジンに登録。(携帯検索含む)
その間に、サイトを構築。
サイトは成長していく。
少しずつ育てていく。

4.テキスト広告
グーグルにキーワードで携帯テキスト広告を打つ
(予算に応じて、まず一発軽く)
グーグルクロール

5.サイトを構築
CMSで作成(XOOPSは手段の一つ)
携帯サイト必須
システム要件定義
期間、ステークホルダー(最終決定者)、費用、外注、デザイン、写真加工
教育、メンテナンス、サステナブル(持続可能)
相互リンク(相互信頼リンク、紹介リンク)
ブログの更新、トラックバック
ボットのクロール回数を増やす
目的は販売 検索上位結果ではなく、売れることを目標

6.キャンペーン
特定層に対してのキャンペーン
ネットとリアル
鳥の目
業界の流れ分析、動向調査、インタビュー
見える化(可視化)

7.メルマガの発行
まぐまぐ登録
初期ユーザーの取り込み
リピーターの囲い込み
社員の日課

8.英語版、中国語版、韓国語版
サービス対象による各国語版を作成
文化の違いあり。

9.会社サイト
会社サイトが貧弱な場合、サイトリニューアル

10.顔の売り出し
社員の顔
信頼度の向上
ビジネスブログ
商品の向こう側

11.テキスト広告、アフィリエイト、バナー広告
グーグル、バリューコマース、A8ネット、他いろいろ
予算、費用対効果

12.雑誌、TV,新聞、マスコミ宣伝
リアル媒体
チラシ、フリペ(フリーペーパー)
プレスリリース
ブックマーク
(セルクマ:セルフブックマーク)

13.動画活用
ニコニコ動画、Youtubeアップ
キーワード登録

14.ブロガー
ターゲット層に近いブロガー
楽天、アメブロ
商品サービスの提供
キャンペーン
クチコミムーブメント

15.PDCA
効果の数値評価
目標設定
PCM、BSC(バランススコアカード)、EPM、シックスシグマ(6σ)、TQM、RCA、OR(オペレーションリサーチ)、QC、ランチェスター

以上、メモメモ

ホームページ制作事業者は、ホームページを作って終わりではなく、作ってから始まる。
そこからが仕事。
コスト、費用は、トータルの価格で見ないといけない。

クライアントと一緒に汗をかく。
目的共有。目標(ターゲット)設定。全力疾走。
ファシリテーション。気づき。

ITコンサルティングみたいな感じ。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 177 »

XOOPS対応レンタルサーバ

商用利用可


ロリポップ!
月額300円 容量300MB


チカッパ!
月額525円 容量1GB


ステップサーバー
月額250円 容量500MB


さくらインターネット
月額500円 容量1GB


エックスサーバー
月額1050円 容量1.5GB


ファーストサーバ
月額2940円 容量20GB
XOOPS本家日本サポート

テーマ学園
モジュール辞典

カップズープス
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ・XOOPSのサイト事例 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

google 検索

Google