ユーザ ログイン
ユーザ名 または メールアドレス:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

カテゴリ選択

投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-19 (1527 ヒット)

ホームページ制作事業者をどうやって探すか。

口コミの情報や他社サイトを見て相談したり。

対面が基本。

所在地近くのサイト制作事業者にお願いした方が、メンテナンスなど気軽に相談しやすい。

住所+
ホームページ作成
ホームページ構築
サイト作成
サイト制作

といったキーワードで検索

できれば、複数社のプレゼンを見せてもらってから決めた方が無難。

入札というよりも、やはり最後の決め手は、フィーリング。

価格も大事であるが、ホームページは生き物なので、一緒に育ててくれる親探しの気持ちで。

実績も重要。
過去のサイトを見れば、どんな分野が得意なのかがわかる。

事業者側が、法人企業であろうと個人事業であろうと、あまり大差はない。

個人事業主だとどちらかというと単価が安くなる傾向。

デザイン力が勝負。

実際に過去に作られたサイトを見せてもらえば、イメージもつかみやすい。

その際、確認することは、そのサイトを構築するのにかかった期間。(費用は教えてくれないと思うので)

期間がわかれば、およその相場がわかる。

ホームページ作成予算との兼ね合いもある。

予算をお話して、その予算内に収まる形でのプレゼンテーションをしてもらった方が双方にメリットがある。


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-18 (1601 ヒット)

カレンダーの時刻が合わない。

そんなときは、一般設定のタイムゾーンを確認。

通常、日本にあるサーバの場合は、GMT+9

(厳密には、サーバの時刻設定によって違います)

コアサーバはGMT+9
さくらインターネットは GMT+9

ところが、
xreaのタイムゾーン設定はGMT

これを設定しないとゲストで見るときに、時刻が合わなくなります。

参考
http://www.affiliate-field.net/modules/tinyd3/rewrite/tc_13.html


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-17 (1588 ヒット)

ドメインとレンタルサーバのつながりを理解するには、少し時間がかかります。

一般の人にとっては、ドメインとレンタルサーバは一体(セット)だという認識がメチャクチャ強い。

実際は、それぞれ別々の会社で運用することができるのですが、なかなか固定概念を壊すのが難しい。

例えば
ムームードメインでドメインを取得して、レンタルサーバは、さくらインターネットで運営することができる。

方法は、ムームードメインにログインしたあと、該当ドメインのDNSを「他社で運用」を選択し、DNSサーバに
ns1.dns.ne.jp
nd2.dns.ne.jp
を割り当てるだけ。

さくら側では、(わざと?)わかりにくいところに設定ボタンがあるけれども、根気よく探せば見つかる。

===
ところが、普通の感覚だと、
ムームードメインでドメインを取得した場合は、ロリポップかヘテムルでサーバを運用しなければいけないと感じている。

また、さくらインターネットでレンタルサーバを借りたら、さくらインターネットでドメインを取得しなければいけないと感じている。

この呪縛を解くには、実際に見せて運用しているところを見せるか、図解でわかりやすく説明しなければいけない。
しかし、理解するには時間がかかる。
まるで一度解くと簡単にわかる数学みたい。
ただし、別々で運用すると手間もかかる。

さくらインターネットでドメイン取得する場合の価格。
comドメインは、さくらインターネットだと、1800円、ムームーだと950円。
jpドメインはさくらインターネットだと、3800円、ムームーだと3360円。

ドメインで利益を補完。

激しいレンタルサーバ業界の価格競争。
レンタルサーバのドメインビジネスモデル。
中には、ドメイン取得だけで1万円以上とるところも。

自動化していなくて、手動だときっとそれくらい取らざる負えないんだろうなぁ。


ムームードメイン
http://muumuu-domain.com

さくらインターネット
http://www.sakura.ne.jp

biglobeからさくらインターネットへのドメイン移管
http://okwave.jp/qa3701446.html


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-16 (1584 ヒット)

ホームページ制作とは何か

時間をかけて、お客様の学びに付き合うこと

一方向からの教えではなく、一緒に学びあう姿勢
どちらかというと、ファシリテーションに近い

学びのスピードは様々
飲み込みの速い人もいれば、何度も間違ったり、覚えられない人もいる。
理解力も担当者それぞれ。

ドメインとは何か
レンタルサーバとは何か
ホームページのしくみ
FTPの使い方
圧縮解凍の方法
エディタとは何か 
エディタの使い方
アップロードの方法
テーマとは
画像編集の方法
デザイン構成
カラー・色の選び方
幅、レイアウトの配置
ログイン方法
グループ設定
テンプレート編集
モジュールとは
設定方法
カテゴリとは
ファイル添付の方法
更新、投稿方法
編集方法
削除の方法

とにかく時間はかかる 
ものすごく時間がかかる

その学びの時間に付き合うことが、ホームページ作りの根幹

時間も人手もかかるから、コストもかかる。
短時間で出来たサイトほど、満足されない。
1ヶ月、2ヶ月 いや3ヶ月 じっくりと付き合う。

相手の時間に合わせる。
レスポンスに気長に待つことも大事。

長く付合えば付合うほど満足度は高まる。 

情がうつってくる。
ホームページにも愛着がわいてくる。
ネットを介した人と人とのふれあい。
時間をかけてじっくりと醸成していく。


投稿者 : taki 投稿日時: 2008-05-15 (1696 ヒット)

XOOPSサイトがはじめての人にとって、お知らせや日記の入力画面が、XOOPSエディター(DHTML)だと、情報が多すぎて使いこなせない。

初心者にやさしい入力画面は、とにかくシンプルな画面。
fckeditor,spaweditor,kolvieditorなどのエディタ付の入力画面は使いこなせない。

シンプルな入力画面のモジュールの紹介

minidiary
news+embed
news+fileup

利用者を想定した使い方には、上記のモジュールの選択を使うとよいようです。


« 1 (2) 3 4 5 ... 177 »

XOOPS対応レンタルサーバ

商用利用可


ロリポップ!
月額300円 容量300MB


チカッパ!
月額525円 容量1GB


ステップサーバー
月額250円 容量500MB


さくらインターネット
月額500円 容量1GB


エックスサーバー
月額1050円 容量1.5GB


ファーストサーバ
月額2940円 容量20GB
XOOPS本家日本サポート

テーマ学園
モジュール辞典

カップズープス
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ・XOOPSのサイト事例 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

google 検索

Google